札幌の供花の相場はいくら?

供花とは?

供花は個人の霊を弔うと同時に、祭壇を飾る意味合いも持っています。
本来は供花や供物を贈れば香典は必要ないとされてきましたが、最近では供花や供物を贈った上で香典を持参するのが一般的になりました。親しくお付き合いしている人や近親者がなくなった時には、香典だけでなく供物や供花も送るようになってきています。
 宗派や斎場の都合もあるので、世話役や葬儀社に確認してから贈りましょう。祭壇を飾る供物や生け花は、飾り付けの都合を考えて告別式なら前日、通夜なら当日の午前中までに届くように手配しましょう。
 また、これらの故人に捧げられるものなので、喪主や遺族も備えるようにします。

供花の相場

札幌で葬儀を行う際、供花の相場は生花、花輪共に15,000円くらいになります。
一般的には生花は個人が贈るものとされています。白い花が基調で、淡い色の花を加えルることが多いですが、故人が好きだった花があれば入れるのもいいと思います。ただし、バラなどのトゲがあるものは避けましょう。
花輪は、会社などの団体や連名のときに多く贈られます。
ただし、花輪は場所を取るので、最近では敬遠する場合もあると言います。花輪を送る場合は、事前に遺族に確認してから贈るようにしましょう。

供花の手配

供花を手配するときは、葬儀社、花屋、ネットで頼む方法があります。
一般的には、葬儀社に依頼をすることが多いようです。葬儀の日程や喪家の名前など間違いないように確認しながら贈ることができます。また、会場の雰囲気や大きさなど、遺族が迷惑にならないよう葬儀社へ相談して決めるのが確実なのではないでしょうか。
故人の好きな花を送りたい場合などは、直接花屋さんに頼むのも良いかと思います。

「ご厚志お断り」と「供花・供物辞退」

「ご厚志お断り」というときは、供花、供物、香典など一切受け取らないということです。
「供花・供物辞退」のときは、香典を辞退するということではないので、香典だけは持っていくようにしましょう。

関連記事

  1. 納骨の基本と種類

  2. 葬儀の服装マナー|大人編、子供編

  3. 増えてきているオリジナル祭壇

  4. 法要は形式ではなく気持ちが大事!

  5. 【準確定申告】故人の確定申告をする

  6. 葬儀社の種類は?どうやって決めたらいい?